至恩くんの成長記録+α

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供の居場所

<<   作成日時 : 2005/12/18 03:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

至恩が時々遊びに行っている
養護学校の学校開放「あ・そ・び・ば」教室通して
私自身自閉症の子だけでなく、肢体不自由の子達にも関心を持つようになりました。

というのも平養護学校が
障がいでも肢体が不自由な生徒さんが通う学校で
「あ・そ・び・ば」の教室にもやはりそうした障がいをもつお子さんも参加しているからなのです。
もちろん開放自体は障がいのあるなしに関わらず
未就園児であれば参加OKなのですが
子供が元気で問題なく育っていれば
きっと他に育児サークルとか幼稚園の開放教室などを先に探してしまうのかな。。。

でも本当だったら
障がいがあってもなくてもいっしょに遊べるような環境であったり
教室があるとそれが一番いいのだろうなぁ・・・と思っていたりします。

自閉症なんかも
同じぐらいの子達と遊んだり一緒に過ごす事は
刺激になったりして良いというので
他の障がいでもきっとその辺は同じなのでは・・・と自説ながら思ったりして。

ただ至恩なんかを見ていると
一緒にいても同じように遊んだり相手が思っていることを理解できるかというと
難しいことも多いかな・・・。

ちょっと本題からはずれてしまったけれど
養護学校の教室へ通っていて気になっていたことがあるんです。

それは、養護学校へ通う前の幼稚園や保育園へ通う年代のお子さん達は
どうしているのかな・・・?って。
単なる好奇心なのだけど
私は至恩と療育施設へ通っているけれど
そこに肢体不自由の子はいません。

じゃあみんなどうしているの?

その答えは通園している施設の先生が教えてくれました。
お昼を食べながら世間話で「あ・そ・び・ば」の話になって
そのついでに質問してみました。

市内の保育所などに通っているそうです。
現在は障害のある子も市の保育所などで受け入れをしているので
みんな預けてしまうとのことでした。

幼児期に幼稚園や保育園に通うこと
それは当たり前のことだし
障がいがあるから受け入れられません!っていうほうが問題になるでしょう。
(それを言われたらうちも行くところなさそうだし・・・)

でも体を動かすことが不自由なお子さんが
ほかの子と同じように通っている・・・
加配の先生などはもちろん付くのかもしれませんが
どんな風に過ごしているのだろう・・・と思うと気になりました。

決して園に入れることに否定的な訳ではないんですが
「あ・そ・び・ば」に来ているお子さん達が楽しそうにしているのを見ると
他でもこんな風に過ごせているといいのになぁ・・・
園での生活は子供達にとってはどんな場所なんだろう?と
少しだけ考えたりもしてみるのでした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。お久しぶりです。
どんなお子さんも同じように学校や保育園・幼稚園で生活ができるようになるといいですね。
誰にでも得意・不得意がある訳で、たまたまある個性について「障害」と名付けられているだけですから、と私は考えてます。
ただ、本当に平等にするということはある意味厳しい世界になる場合もあります。それぞれの個性をそれぞれがどれだけ認められることができるか、その歩み寄りで大きく変わってくると感じます。
保育園や幼稚園で他のお子さんのようにできないことがあっても、通うことができる・お子さんの世界を見ることができることって大きい刺激になると思いますよ。
きりえケーキ7号
2005/12/18 11:21
長くてすみません、続きです。
刺激はいいことばかりではないですよね。喧嘩したり思うようにならなかったり。
無理をさせてはいけませんが、それでも楽しいと思う気持ちがあれば社会性はぐんと広がってくるのではないでしょうか。
保育園や幼稚園は子供ながらも社会性の基礎を育む場かも知れませんね。
お互いの不得意をお互いが助け合えるような気持ちが持てるような環境になれるといいですね。
と、持論を長々と失礼しました〜。
きりえケーキ7号
2005/12/18 11:31
そうですね〜。
娘の通う幼稚園にはダウン症のお子さんは
いますが他の障害(ダウン症は障害?)
はいませんね〜。
それと娘のお友達の通う保育所にも
自閉症かしら?と思われる
(その子に付き添いの先生が付いている)
お子さんが一人います。
また、いとこの子も障害のある子ですが
普通の子と一緒に幼児教室に通ってたかな?
頭のよい子で小学校に上がるとき
養護学校か普通の学校か自分で選んで
養護学校に通うことにしました。
どちらが良いのか・・・いちがいには
いえないのでしょうがいろんな選択肢は
あった方が良いのではと思うこのごろです。
ゆうづき
2005/12/18 21:53
きりえさん
コメントありがとうございます。
私も同じ気持ちかな。
障害も個性のうちみたいには受け止めているのだけど
時々まだまだ・・・気にしすぎ?なところが自分ではあるのかな・・・と
今回のブログを書いていてもそう思いました。
平等って、どこまでが平等であるかは難しい問題になるかと思います。
個性を理解した上での平等であっても
そう見てくれる人ばかりではないし…

私にとっては障害がある上での保育園・幼稚園がこれからの場所だという不安と
もう一つはたまたま悪い例を実際に見てしまった印象が強いのがあるんだと思います。
ゆき。
2005/12/31 02:46
遊びや感覚が違うし、まして言葉も伝えられないという個性の中で
集団に入っていくことはきっと大変なことも多いんだろうなぁ・・・と親心で心配はしています。

でもゆっくりとだけど、兄弟同士でも少しずつ遊んだり同じ部屋で過ごしたりする姿を見ると
きっと保育園などでも徐々にはこうなっていくのかなぁ・・とも思っています。

不安はあるけれど、何事も経験ですよね。
一生側についている訳にもいかないだろうし
小さな社会の中で至恩なりにいろいろ学んでくれたら・・・と思っています。
ゆき。
2005/12/31 02:47
ゆうづきさん
障害もさまざまだけど
肢体が不自由で重度になると学校などは病院から通ったりしているみたいです。
恐らく園に預けないで・・・っていう方もいるのかな。
体を思うように動かせなくても
介助して動かしたり、話し掛けたり歌を唄ったり・・・
そうしたことが刺激になってとても良いわけですが
それを園ではどのように対応してるのかな?
っていうちょっとした疑問だったのです。

選択肢がたくさんあるのは私もいいことだと思います。
うちもいっぱい悩んで進むべきところに進んで行けるように・・・応援してあげたいな^^
ゆき。
2005/12/31 02:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供の居場所 至恩くんの成長記録+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる