至恩くんの成長記録+α

アクセスカウンタ

zoom RSS 「頑張って」

<<   作成日時 : 2005/09/29 02:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

先日至恩が包皮炎にかかったので、いつも通っている内科の先生から泌尿器科を紹介されて
初めて病院で「言葉が遅いのは何か問題があって?」
と聞かれたので自閉症だということを伝えました。

その時には何も言われなかったのだけど
今日また通院して薬をもらってそれでお終い、という時に
「頑張って」
と最後に一言言われました。

思いもよらなかったので、意外というか・・・
素直に嬉しかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
包皮炎って、腫れて痛むやつですよね?おしっこする時、大変そうな.....
すばるは小1の時やりました。
「おかあさん、向こう向いてて〜」...直後に「ギャーー!!」と泣き声。
「もう剥けてますから。お風呂の時はここまで剥いて洗ってください。」
....よっぽど痛かったらしく(*^_^*)、「ちゃんと洗わないとまたお医者さんだよ!」と言うと頑張ってました。男の子にも大変なことがあるのね(^^)
すばるママ
2005/09/30 23:49
息子も経験アリです…
本人はかなり痛いよぉですね(ノー;*)
残念ながらわからない…
すばるママサンとこと同じで
それからは綺麗に洗っているよぉです

…と
『頑張って』って言葉が素直に嬉しい って
言えるのって とってもイイと思います
自分がしんどい時って 素直に聞けない言葉
ですもんね♪(*^―^*)♪
ばぁ
2005/10/02 09:09
すばるママさん&ばぁさん
包皮炎ってとても痛いらしいですね。
ところが至恩は痛いという表現がいまいち苦手みたいで
本当に腫れあがったときにそわそわしていたぐらいで読み取りにくかったんです^^;
でもきっと痛かっただろうなぁ・・・

「頑張って」って言葉は頑張っている人には重たくなる言葉のことが多いんですが
その先生の言い方が同情とか気遣いではなくて
心から力がこもった一言だったので
私にもストレートに伝わってきたのだと思います。
ゆき。
2005/10/02 22:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
「頑張って」 至恩くんの成長記録+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる