至恩くんの成長記録+α

アクセスカウンタ

zoom RSS 公園遊び。

<<   作成日時 : 2005/04/30 09:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

一日中至恩の面倒を母親として見ている私。
6月には3歳になる至恩は、ちょっと太めの男の子。元気と体力もいっぱいなので
そんな彼と始終過ごすことはかなり体力勝負になります。

ここ最近の忙しさの疲れもあり、昨日は体中が痛かった私・・・。
それなのにこんな日に限っておねーちゃんたちと近所のお友達も一緒になって公園に遊びに行くという。
家でゆっくりしていたかった私は主人に同行を拒否してみたものの
「公園に着いたら向こうで座っていていいから・・・」と。
恐らく無理だとは分かっていたけれど、そう言われてしまうと断わることも出来ず私と至恩も一緒に行くことに・・・。

着いた公園にはすべりだいやトランポリンがあり、タコの形をした滑り口が何箇所もあるすべりだいへ至恩は一目散。
もちろん私もいっしょにやってと連れて行かれ、休む暇などなく付き合う羽目に・・・。

手すりを登っていくつくりの上り口は、何とか至恩でも登れそうだ。
初めは困っていた至恩だけど、私が声をかけながら手伝ってあげることでどうにか登れた!
そうだよね、もう3歳になるのだもの。出来たっていいのだもんね。
嬉しさに浸る暇もなく滑り出す至恩。
機嫌よく何度か滑り降りていたが、慣れてきたら今度は滑り口のほうから登りだした・・・。
わざと登れるように作られた箇所もあるようだけど
出来ることならやらせたくない・・・。

何故ならここで許してしまうと、他でもやってもいいと思ってしまうし
上から滑ってくる人が来ようが来まいが至恩には関係がないからだ。

そのことを注意されたのが面白くなかったらしく
今度は大泣きになってしまった・・・。
泣きながらもどうしても登りたい至恩
それを止める私・・・。

きっと見ていた他の人達は、小さい子を泣かせてまでひどい親だと思っただろう。

私も疲れていたので、少し気持ちに余裕が持てなかったのかもしれないし
至恩自身も遊び疲れで少し機嫌が悪くなっていた。
さっさときりあげて帰ってきたが、暴れる我が子を小脇に抱えて車に戻るのは決していい気分ではなかった。

楽しく遊べていたはずなのに、思いどおりに行かないことがひとつあるだけで大騒ぎに・・・。
ごめんね、至恩も辛かったよね。
今度は楽しく遊ぶことが出来るといいね・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。よく頑張りましたね。
発達に関係なく世間一般ではこういう場合子供の主張に負けてしまうお母さん方が多いように見受けられます。(私も負けることもありますが)
そのときの至恩くんは悲しかったかも知れないけど、のちのちに混乱するよりもずっとずっと適切だったと思いますよ。大泣きやパニックになってしまったときは、その場から離れることが一番だそうですから。
私がゆきさんでも同じことをしたと思うし、同じように気持ちが沈むと思います。疲れているときは自分も心身共に余裕がなくなります。カッとなって怒鳴ってしまったり手をあげてしまったりしてさらに落ち込んでしまうこともあります。私が「頑張りすぎない」のはこのためです。
ゆっくり休むことは難しいけど元気を出してくださいね。何もできないけど応援してますからね。

きりえケーキ7号
2005/05/01 08:28
こんにちは、きりえさん。
そうなんですよ。結構子供のルールに関しては見逃している方って多いと思います。
そんな中で主人とも喧嘩しながら止めた私・・・頑張りましたね(笑)

その後も反対滑りはまだまだやる気満々みたいです。
根気のいることですが、ダメなものはダメということを
教えておかないと困るのは至恩だと思うので。
今日は少し元気になりました。(たくさん睡眠をとったので(笑))
きりえさんのお言葉嬉しかったです。
ありがとうございます。
ゆき
2005/05/02 08:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
公園遊び。 至恩くんの成長記録+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる