至恩くんの成長記録+α

アクセスカウンタ

zoom RSS もっと褒めてね。

<<   作成日時 : 2005/03/30 04:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

最近簡単なパズルが出来るようになった至恩君。
「すごいね〜、出来たね〜」といいながら、パチパチと拍手をすると
嬉しいらしくとっても可愛い顔で笑ってくれます。
そして繰り返しパズルをやっては出来る度に
「褒めて〜〜」といわんばかりに期待の目でこちらを見たりしていました。

褒めるのはいいこと。
それは障害があるなしに関わらず、叱るよりも褒められるほうが
子供は伸びるといいます。

褒められると嬉しいんだな・・・ということが分かってから
良いことをした時には大げさなぐらいに良く褒めています。

至恩が最近楽しんでいる遊び(いたずら)に
箱に入った鉛筆を台所の床にばらまくというのがあります。
ばら撒かれる度に拾っては・・・またばら撒かれの繰り返しだったのですが
片付けることを覚えさせようと、「ここにしまうんだよ〜」と一緒に手をとって箱にいれてあげました。
そして最後の1本を拾った後で「出来たね〜、偉いね〜」と
ぎゅ〜っと抱きしめながら褒めてあげました。

それがとても嬉しかったらしく
今度は数本だけを床に置いて、ニコニコしながら箱にいれては
入れ終わると私のほうを向き直って抱っこしてといわんばかりに体を寄せてくるんです。

かわいいなぁ〜と我が子を思いながら
しばらく何度もその繰り返しを二人で楽しんでいました。

「ダメ」って注意をしてしまうことがどうしても多い中
この褒められるという時間は
私にとっても至恩にとってもとても大切な時間のような気がしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「もっと褒めてね。」について
「もっと褒めてね。」について 子供には1できたら100褒めるといいと聞きます。たとえほんのわずかなことでも、それができたなら目いっぱい褒めてあげると良いと。 床に鉛筆をバラまかれて親は嬉しいはずはありません。でもそこで「ダメでしょ」と言うか「片付けようね」と言うかで対応は変わってくると思います。「ダメでしょ」と言えば叱るだけ。「片付けようね」と言ってもし片付けができたなら褒めてあげることができます。 子供は全般に片付けは苦手ですよね。(私もだけど)でも片付けないからといって母親が全部片... ...続きを見る
高機能自閉症児・カメ君の足跡@Webry...
2005/03/30 09:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ゆきさん、こんにちは。
記事をトラックバックさせていただきました。こんな感じでいいのかな?
至恩くん凄いですね!よく頑張りましたね。
読んでいて私も嬉しくなりました。褒めることができる事柄がもっと増えるといいですね。
きりえケーキ7号
2005/03/30 09:26
こんにちは、きりえさん。
トラックバックありがとうございます〜^^

褒められるのが嬉しい至恩は
その後もこの遊びを楽しんでいます。
まだまだ片付けには発展しないんですが
「向こうに戻して来てね〜」というと
元の場所に置きにも行けるようになりましたよ^^

遊んで欲しくてバラ撒きをするのが分かっているので
じっくりと付き合ってあげています。
ゆき
2005/04/02 08:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
もっと褒めてね。 至恩くんの成長記録+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる